くずはでこそだて

大阪府枚方市で、二人目育児中。京阪樟葉駅周辺に住んでる人や、これから住みたい人への、生活情報を発信してみたい♪
情報提供や、こんなこと教えてほしいというのがあれば、コメントからどうぞ。
日々のお買い得情報はツイッターで。@kuzuha_life

働くお母さんとの情報共有

認定こども園の話@くずは地域

2014/11現在、子育て中の親の熱い視線を浴びている「認定こども園」。


公報に載っていた説明を熟読したのですが、
「認定こども園になるかどうかは各園が決める」
「移行により保育・教育内容がどう変わるかも、各園が決める」
「詳しくは各園まで!」
ということしかわかりませんでした。


先日11/4に樟葉生涯学習センターで行われた説明会での話を聞いてみても、状況は変わっておらず。


仕方ないので、私自身の今の時点で理解している内容をここにまとめておきます。
話は、保育園・幼稚園・無認可などの先生や保護者、八幡などで実際に認定こども園へ通っているママ友などに聞きました。もちろん子育て支援室や市役所発信の情報も含まれています。


・基本的に、くずは地域には移行する園がないので(公立幼稚園以外)、関係ないと言えば関係ない。

・認定こども園は待機児童解消が主目的なので、基本的には幼稚園→認定こども園がメインとなる。
・枚方の公立幼稚園(このへんなら樟葉幼稚園)は移行対象。これにより何が変わるかは、決まっていない(12月の議会で決定される)。保育料は若干上がると推察される。
・幼稚園が保育機能を備えた認定こども園へ移行する場合、預かり時間延長以外にも、乳幼児受け入れのため建物の建築基準を見直す必要などがあり、助成に対してデメリットが大きい。
・現在私立幼稚園6園が移行を申し出ているが、やっぱりやめたいという園が出たとか出ないとか。
・ちなみに青葉やローズ、樟葉幼稚園などでは既に延長保育を行っている。
・周囲に聞いた感じでは、くずは地域の幼稚園はどこも「うちは関係ないですから」的スタンスのよう。

・保育園が移行した場合、昼で帰る子どもが増えるだけなわけで、正直園にメリットはない。幼稚園機能として教育的時間(習い事)が増えるのかと言えば、園によると思うが多分増えない。そもそも、幼稚園にも「習い事=教育ではない」とする園もあるので……。
・ちなみに、くずは地域の私立保育園は幼稚園的性格が強いので、既に習い事の時間がある。
・周囲に聞いた感じでは、くずは地域の保育園はどこも「ふーん、うちはやらないんじゃない?」スタンスのよう。


・認定こども園のメリットは何かと言えば、子どもが小さいうちはパートで、少し大きくなったらフルタイムで働きたいという家庭において、子どもを同一の施設で保育し続けられることだと思われる。
・そのため、今フルタイムで保育園に預けている母親や、フルタイムで働く予定がない母親にはあまり関係ない。
・認定こども園では通園していない親にも子育て支援を……とあるが、くずは地域の園では大抵園庭解放と子育て支援がセットであるため、新たにメリットは発生しないような気がする。
・ちなみに、幼稚園は文部科学省・教育委員会の管轄、保育園は厚生労働省・子育て支援室の管轄なので、情報の流れが一括化されるようになるのは当分先っぽい。


個人的には、子どもに「毎日昼に友達が母と帰る姿」「平日行事に幼稚園組親が集う姿」を見せたくないので、移行は歓迎していません。
端的に言えばかわいそうです。
親が昼から傍にいてくれる家庭があると知るのは、小学校に上がって、「お母さんはお仕事があるから」が理解できるようになってからでいい。それまでは、皆同じ環境だから我慢できる、という状況にいるのがベターだと思います。
保育園が認定こども園になった時、先生達が子ども達の心のケアまでしてくれるかと言ったら、そこまでは手が回らないでしょう。だったら今のままがいいと思っています。


ちなみに、今後認定こども園が増えるかについては、多分保育園は容量オーバーで難しい。
幼稚園は……このへん幼稚園強いから、市も強制できないだろうなあ……というのが、私の感想。

続きを読む

お名前つけグッズ 続き

前回の記事で取り上げ忘れたものがあったので、第二弾です。

ていうか、お名前つけグッズ多いですね!
お母さん方のご苦労がしのばれます。って、私も仲間ですが。

【ワッペン】

文字が1つずつ分離しているタイプの場合、通常タイプとフロッキータイプがありますが、後者をお勧めします。
前者の場合、何度も洗濯していると、角が剥がれてきて、めっちゃ面倒臭いのです。
かわいいから絶対これを使いたい!という場合は、縫い付けましょう。

ワンポイントとしてつける場合も、角があまり凸凹していない、シンプルな形のものをお勧めします。
あまり洗わないものなら、形は選ばないかもしれませんね。
スモックなどをワッペンでデコりまくりたいけど、浮きたくはない……という場合は、とりあえず最初の運動会か参観日まで我慢し、周囲の様子を観察してからチャレンジしてはどうでしょうか。

ハンドタオル用の場合、ループタイプやブランコタイプを使うと、そのままフックに引っ掛けられるようになり、便利です。
私はIKEAで買ったハンドタオルを使ってますが、最初からフック用テープがついていて、便利でした。

名札用ループ付きワッペンは、針の穴跡が残らないので、制服用にお勧めです。

【ゼッケン】

入園後すぐはいらないかもしれませんが、運動会などで必要になるかも。

ゼッケン用のアイロンシール布もあります。
うちでは普通のアイロンテープを試しましたが、体操服はよく洗う上に生地の伸縮性が高いので、すぐ剥がれてきました。
伸縮布用アイロンゼッケンもあるようなので、機会があればそれを試してみようかな。

【キーホルダー】

なくす可能性が高いので、あまりお勧めしません。何かあっても自己責任と割り切って使いましょう。
リュックや送迎時の荷物入れ、一時的にしか使わない季節もの(プールバッグなど)などに便利です。
お名前タグの方が汎用性は高いんですが、皆スタジオアリスのとか結構持ってるんですよね(笑)

続きを読む

お名前つけグッズ

入園準備の第一関門が、「お名前つけ」。
持ち物すべてに記名しろという、ハードルの高い作業です。頑張って!
というわけで、よく利用されるアイテムを紹介してみますね。

【ネームペン】
最終的にはこれが最強です。普通のマジックだと滲むので、注意。
オムツ、布、持ち物と、大抵のものに対応できます。
ただ、コップやお箸など、しょっちゅう水洗いするプラスチック製品にはあまり向きません。すぐ剥げます。

【フロッキーネーム】
アイロンで定着させる、ビロードっぽい風合いの樹脂です。
かなり定着力が強いので、お下がりしたい衣服には使わない方がいいと思います。
靴下には最適。伸び縮みしても洗いまくっても、かなり耐えてくれます。
白があると黒っぽい靴下に使えて便利でした。

【お名前シール(耐水性)】
プラスチック製品や食器類にはこれ! 抜群の強さです。
ただ、コストが高いので、利用は最低限でいいかと思います。

【お名前シール(アイロン)】
服やタオルには一番便利。ペロッとめくった時見えやすいよう、上下逆さまにつけてもいいですよ。
あえて中途半端に接着させ、お下がり時剥がしやすいようにしているママ友もいます。

【お名前スタンプ】
保育園の場合、子どもが小さいうちは毎日オムツに記名して持っていかなければならないので、書くのが面倒ならスタンプをどうぞ。
布にも使えますが、生地は選びます。綿100%向きですね。
ユザワヤにあるような小さいスタンプだと、潰れて読めないかも。

【お名前タグ】
名前を書いた布テープの両端にスナップなどをつけ、服のタグに通して止めるものです。
お下がりしたいのでタグに記名したくない場合などに、便利。
簡単に手作りできますし、リュックやベビーカーにも使えるので、お勧めです。

あ、ちなみに、保育園によっては園児ごとにマークを決め(くまさんとかリンゴとか)、それをその子の目印にするところもあります。
マーク入り名前シールをオーダーしたい場合、園の方針を先に聞いておくと吉。

お昼寝に使うタオルのような、モコモコしてて名前シールもネームペンも使いにくいものは、布テープにお名前書いて、タグみたいに端っこに縫いとめておくといいと思います。
タオルのように何枚も必要になるものは、全部同じデザインにしておくと、一枚名前が剥がれてても「これは○○ちゃんの」と先生方に把握していただけて便利かと。室内干しでも乾きやすいガーゼタオルがお勧めです。

続きを読む

離乳食の食材一覧

一人目は念入りにやったが、次からは適当になったと、複数育児母たちが口を揃える子育ての関門、離乳食。
「下の子は気が付いたらご飯を食べていた」派と、「できるだけ長くお粥でしのいだ」派がいるようですが、うちはどうなることやら。

私は料理が嫌いではありませんが、やはり一人目の時ほど情熱や時間はそそげません。
初期は限られた食材をピューレ状にしていれば済むのですが、中期ともなるとそうも行かず、「あれ食べていいんだっけ」の連続。
昔上の子用に作った食材表をカンペ代わりに見ながら、「ああ、これもそろそろ食べさせるか……」と自分の尻を叩いています。昔の自分、ありがとう!

というわけで、次男用にまとめなおしたものをアップしてみました。
PDFファイルなのですが、ちゃんと見られるかしら。

離乳食の食材一覧

離乳食は12~18ヶ月で完了期となっていますが、1歳児から保育所へ入れる予定の場合は、入園までに大体終わるようにしておくといいですよ。
特に冬生まれのお子さんは注意。一歳児クラスになったら、もう春生まれのお友達と同じものを食べることになります。
こちらの関連記事「食事関連で覚えておきたいこと」もご参照ください。お互い頑張りましょうね!

そういえば、自分に気合を入れようと、枚方市の離乳食講座にも行ってみたのですが、上の子の時と同じメニューでした。
先生もテーブルも同じで、ものすごいデジャヴ。
そろそろすり鉢&鍋だけじゃなく、フードプロセッサーやブレンダー&レンジでいけるメニューもお願いします……!

続きを読む

ファミリーサポート【後編】

【使い方】
・まず、登録が必要です。
 事前に電話予約をして、サプリ村野へ行きましょう。印鑑と顔写真を持参してください。
 辺鄙な場所にあるので、半日ピクニックに出かけるくらいの気分でどうぞ。

 講習を受けると、「依頼会員」になれます。講習は基本的に話を聞くだけなので、赤ちゃん連れでも大丈夫でした。

 ※「提供会員」になる人は、専用の講習を14時間受ける必要があります。

・次に、ファミサポに提供会員さんを紹介してもらい、顔合わせをします。当日いきなり依頼、ということはできません。
 ファミサポに依頼内容などを伝えると、要望に合致する提供会員さんの連絡先を教えてくれます。

 例:「平日雨の日に○○保育園から○○町まで、子どもの送迎をしてくれる人はいないでしょうか」
 例:「○日の午後、枚方市駅前の病院に行きたいので、付近で子どもを預かってくれる人を探しています」

 連絡先を教えてもらったら、自分で提供会員さんに電話をかけ、もう一度依頼内容を伝えて、受けてもらえるかどうか聞きます。
 断られる場合もあるので、いい人と会えるまでリトライ。

 条件の合う人がいれば、事前打ち合わせをします。どちらかの家で行うことが多いのではないでしょうか。
 預かってもらうこと前提なら、提供会員さんのお宅へお邪魔するといいと思います。

・依頼したい際は、提供会員さんに連絡を取り、受けてもらえるかどうか聞きます。
 相手方にもご都合があるので、念のため複数人と事前打ち合わせをしておくのもありかなと思います。

 清算は依頼のつど行います。依頼内容とお値段を記録するリストがあり、お支払い後に毎回署名します。
 月末で一度〆るので、その際もう一度署名が必要になります。

ファミサポの使いづらさというのは、まあお値段もありますが、このように「交渉・依頼・清算」などを自分達でやらないといけないところでしょうか。
正直面倒ですね! 慣れれば問題ないのですが、最初はハードルが高いです。

事前打ち合わせまで進んでも、
「結局依頼せずに時間が経ってしまった」
「一度断られると次頼みにくい」
「打ち合わせまでしたけどやっぱり合わない……」
など、多々悩みはつきません。

ただ、いい人に巡り合えると、本当に助かります。
長年に渡り、第二の祖父母みたいなお付き合いができることもあるそうです。
登録は毎年更新タイプですが、更新料はかからないので、何かあった時のため一度登録しておくことをお勧めします。
私は一人目の育休中に登録したんですが、結局使い出したのは二人目の臨月からでした。

また、私は使ったことがないのですが、もっと民間寄りのひらかた子育てサポーター「まいまい」というサポートサービスもあります。
料金など基本的な部分はファミサポに準じているのですが、こちらの方が若干緩いという話を聞きました。
気になる人はお試しください。そして感想を教えてください(笑)

※【前編】へ戻る

続きを読む
Twitter
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ

ハウスコは建築家と出会い、注文住宅をつくるためのコミュニティサイト。
建築家に家づくりの質問をしたり、住宅設計コンペを開催したり、ハウスコにはさまざまな出会いのカタチがあります。相性のよい建築家を見つけましょう。建築家登録も受付中!
Powered by 面白法人カヤック